子供の体調不良でもイライラしない!仕組み化と片付けやすい環境作り

  • URLをコピーしました!



子どもたちが体調不良だと、家の中がゴチャゴチャで
何もできない・・・
もういや!!



こんにちは!「1分でわかるお片付け講座」でお片付けの楽しさを伝えるシンプリスト ヒューです(^O^)/

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

この記事は、突然の子供たちが体調不良でイライラしまう方へ、参考になるお話を伝えします。


✅ 本記事の内容

・物が少ないと片付けが楽だから、心理的な負担が減る!

・すぐに掃除できるように環境を整えると、「後からやらなきゃ」などと焦らなくていい

・たくさんやらなくてはいけないことがある時は、特に「今、目の前の一つ一つ」に注力する!

✅ 本記事の信頼性

・わたしは普段から、ワンオペで、誰の助けを得られなくても、そもそも家事を「簡素化」しているので、精神的にとってもラク。

・目の前のことを淡々とこなすだけでいいので、子どもたちへ冷静に対処できる。

子どもの体調は急に悪くなったり、予定が変更することが当たり前。こんな時、いくらママががんばっても、ママが疲れてしまっては子供たちの看病もできません。

まずはママ自身がラクにできる家事の仕組みと片付けやすい環境づくりを整えることが大切です!

そのためには、普段から「やめる・減らす・完璧を目指さない」で、家事を整えましょう。


目次

・物が少ないと片付けが楽だから、心理的な負担が減る!

■すぐ掃除ができる環境を作りましょう!最低限のお掃除や片付けで良い仕組みや、物が少ないので片付けるのも楽で心理的負担が軽いです。

■例えば、忙しい時にちょっとゴミが床に落ちているのを見ても、子供の看病で余裕すらない時があります。でもこういったちょっとしたことが積み重なって、疲労で怒りが大爆発してしまうことになりかねないからです。

■連日の暑さのせいで体調を崩してしまった子供達。二人が同時に体調を崩すととても大変だった経験がありました。

以前は、二人同時に胃腸風邪をひき、体温を測る暇さえないくらい大変でした。
なぜきちんと熱を測らなかったのかと病院の先生に怒られ、悔しくて、涙しました・・・。

■そのため、すぐ掃除ができる環境作り、最低限のお掃除や片付けで良い仕組み。物が少ないので片付けるのも楽で心理的負担が軽いですよ!

では、次にそんなときの気持ちの持ち方をお伝えしますね。

・やることが明確だから、一つ一つを淡々とこなせる!

■忙しい時こそ、ポイントなのが一度にたくさんのことをするのではなく今、目の前のことを一個一個こなすこと。

■そんな気持ちが余裕を生んでくれるからです!やみくもにあれこれやっても中途半端に終わって、余計な作業が増えるだけだからです。

■子どもたち二人が同時に体調を崩すと、「何もできない・・・」と気持ちばかり焦ってしまいませんか?そうするといつもはできることも、うまくできなくなってしまいます。

しかし、シンプルライフで余裕を考えたルーティンをこなせば、気持ちも安定して子供たちへの声かる余裕も生まれます。


娘がこんな手紙を書いてくれました!
「ままへ ようぐるとかってきてくれてありがとう」と書かれています。うれしかった~~( ;∀;)


Exif_JPEG_420

■そんな時にポイントなのが一度にたくさんのことをするのではなく

「今、この目の前のことをこなす」だけでいいと、自分に言い聞かせてください。そんな気持ちが余裕を生んでくれます。

詳しくはこちらの本でも紹介していますので、ぜひ読んでくださると嬉しいです。

著:シンプリスト ヒュー, 著:だっちゃん, 著:ぴつ, 著:Momo
¥600 (2022/07/06 17:23時点 | Amazon調べ)

まとめ

ここまで子どもの体調不良でイライラしない方法について解説しました。

中でも以下のポイントが非常に重要です。

・すぐ掃除ができる環境作り、最低限のお掃除や片付けで良い仕組み。物が少ないので片付けるのも楽で心理的負担を軽くする!

・たくさんやらなくてはいけないことがある時は、特に「今、目の前の一つ一つ」に注力する!

上記のポイントを実践すれば、イライラが減って疲弊することも減ります。

ぜひ、やってみてくださいね。

「時短術についてもっと詳しく知りたい」という方は、6冊目のキンドル本『ゆるくやめよう~忙しい毎日を楽にするシンプルライフ~』9冊目『誰でも簡単!目標達成時間術: 「今、ここ」のご機嫌ママが成功のカギ』を出版しました!!という記事がありますのでぜひ参考にしてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました

\ お問い合わせはこちらからどうぞ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる