専業主婦は楽すぎ!?夜勤夫と4年目の専業主婦の宣言!

暮らし
サキコ
サキコ

こんにちは!

シンプルだからできることをモットーに
日々楽しく生活する方法を実践しているサキコです(^O^)

今日は、普段感じている専業主婦についての気持ちのシンプル化についてまとめてみたいと思います!

専業主婦って楽すぎる!?って本当?

私は小さいうちは子供と一緒にいたい希望があったので、わたしは専業主婦を選択しましたが、実際主婦になってみての感想は?専業主婦は楽?

今でも、専業主婦という立場についてモヤモヤしている部分があります。かつ、夜勤夫との昼夜逆転生活も気持ちの割り切りが必要でした。そんなモヤモヤした気持ちをどうやって乗り越えたかをお伝えします!

では最後までよろしくお願いいたします!

専業主婦は楽すぎるって本当か?!

わたしは専業主婦は楽かもしれないけれど、リスクがあって辛いという立場です。その理由は、

  1. すべてを一人で行わなくてはならないプレッシャー
  2. 365日24時間営業で休めない
  3. 夫が休みの時に、自分は休みがないことが理解してもらえない
  4. 特に小さい子供がいると、子供の世話だけでも時間が取られ家事がなおざりになる
  5. 孤独感、家事はやって当たり前、できえ当たり前、細々としたことがありすぎて、終わらない、永遠と続く

などがあげられます!独身時代、感じたことのない怒りの感情を目の辺りにして、自分でもどうしていいのかわからなかったり、

慣れない家事育児に振り回されて、自分を見失ったり、夫と大喧嘩して警察沙汰になったりもしました。

そしてこのモヤモヤを少しずつ整理した時、主婦という立場を少し理解できたような気がしました。

家事をルーティン化、平準化する。専業主婦は暇で楽だから休む必要はないという認識を捨てる

家事は終わりがありません。そのため、最低限のことだけするルーティンを決めてそれしかやらないことでいいのではないでしょうか?

あれこれ完璧にすることよりも、最低限のレベルを決めて実行することだけにします。それは、人それぞれ違うので、それは自分と家族の価値観で判断して、体力気力が1日保てる程度にするこをおすすめします。

やめていい家事やらない家事をしっかりつくりましょう!そして、疲れた時は休むということです。そして、休むことに罪悪感を持たないことだと思います!

サキコ
サキコ

誰かの世話をすることは想像上に疲れる作業です。

わたしの時間貯蓄術の記事はこちら⇒時間節約術で2時間浮いた!私の実例のご紹介

なぜなら自分のペース計画通りにはまったく行かないので、状況によりけりなことがものすごく多いです。休むことを悪と思わず、専業主婦は暇で楽だから休む必要はないという認識を捨てて、

疲れたら横になる位でも構わないので休憩を取ることが必要です!疲れていて作業をしていても効率は下がるし、手伝わない家族に八つ当たりするのがオチなのですぐに休むことにしています!


しかし、家事を手を抜いたり、夫にお願いすると逆に仕事が増えることが悩みでした。

実際、夫がやったお風呂掃除をやり直したり、洗濯物を干し直したり・・・だったら自分でやった方が早いと思いました。でももし、このままだったら何も変わらない、一人でモヤモヤドロドロしているだけだったらストレスが溜まるだけだと気づきました。

そして、夫に行動してもらうことが大切だと感じ、休みの日はお風呂掃除か洗濯干しをやってもらっています。

そして家事に手を抜くと、その分後からしなくはいけないこともあるので、気持ちは複雑ですが、手抜きをしていいと改めて自分に許可することも自分の気持ちに余裕をつくる手段です。

そのために、家事をルーティン化して最低限のレベルまで落とし、あれこれ夜勤夫に頼まなくてもいい、自分が疲れていてもできる程度の家事しかしないことにしています。

そして、その中で感じたことをは夫が休みの日、休みのない自分と比べて腹が立ったりイライラすることが多いということです。続いて夫の休日にお客様対応しないことについてお伝えしましょう。

夜勤だからといって、夫を休み扱いしない

つい、夫が休みの日は普段働いている夜勤夫にゆっくり休んでほしいと考えますが、わたしは夫が仕事の日も休みの日も同じように頼み事をしています。


もちろん、あれもこれも手伝ってと、むちゃくちゃなことは言いませんが、最低限やるべきことはお願いして頼むという心がけも、自分にストレスを溜めないためには必要なことだと考えています。

夫は常に夜勤のシフト制のため、家事育児に協力してもらうことは難しいです。わたしよりも大変だから、自分でやらなきゃ、少しでも休んでもらわなきゃと一人でやっていましたが、


そういった私の態度が逆に夫に、自分は何もしなくていい自分はお世話してもらう立ち番なんだと認識させていたようで大きなトラブルになりました。

サキコ
サキコ

こちらは24時間子供の世話をしていて、ずっと休みという時間の区切りはありません。だからこそ自由に使える反面、休みがない状態です。

このストレスをため込むなら、少しでも協力してもらうために夫を休み扱いしない、お客様対応はしないようにしています。

その代わり、夫が休みの時にも出勤日と同じように過ごしているので夫も、むやみやたらに頼み事はされないという安心感が生まれます。

お互い様だからこそ、お互いがお互いのことに集中しつつ、得意なことを中心に協力するよう声掛けをしています。

それでもイライラする時ってありますよね?そんな時の気持ちのシンプル化についてお話します。


自分に”夫が休みだと何にイライラするのか?”と問いかける

わたしの場合は

・自分は夜中子供に起こされていて十分眠っていないのに、相手は寝てばかりいて子供の世話も家の手伝いも何もしない態度に腹が立つ

・休みなく動いているのに当たり前の態度をとられる

・わたしはやって当たり前なのに夫は一部を手伝っただけで、ありがとうを強制する

・無償、お金にならない

・孤独、孤立感がある


でした。今でもこの気持ちが解決したわけではありませんし、この気持ちを抱えるストレスで不安な気持ちになることもあります。

でもその気持ちを持っているということを受け入れ、客観視することで自分を理解する一番よい方法でした。

だから自分がイライラする時はこう自分に問いかけます。

サキコ
サキコ

夫が休みの時になぜ、自分は自分の時間を持てず、24時間家事育児をしなくてはいけないのか?



と自分に質問することにしています。

その答えは

大切な子供と一緒にいるため、

気持ちい部屋・空間ですごいたいため、

家族とおいしいご飯を食べるため、家族においしいと感じてもらうため

がほとんどです。

常に質問を繰り返し、周りに状況に振り回されることなく、自分自身に立ち返るよう質問しています!

もちろん、そうは言ってもモヤモヤイライラしますが、そのブラックホールから抜け出せたのは自分に立ち返る、ということからでしたよ。

では最後にまとめています。


まとめ

専業主婦は楽すぎ!?夜勤夫と4年目の専業主婦の宣言!についてのまとめ

  1. 専業主婦は暇で楽だから休む必要はないという認識を捨てる
  2. 夫を休み扱いしない
  3. なぜ、自分に”夫が休みだと何にイライラするのか?”と問いかける



専業主婦は楽だと感じ、簡単に何も悩まず過ごしている方もいらっしゃると思いますが、わたしはなかなか専業主婦は楽と思えず、ジタバタした経験があります。

今は、子供も少しずつ大きくなっているので次の目標に向かって邁進中ですが、もし、わたしのように専業主婦は楽と聞いて、モヤモヤした気持ちを抱えていらっしゃる方に少しでも気持ちに寄り添えたらと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました