Kindle出版サポート本のご紹介!!はるさん著『地元っ子が教える 金沢観光に行く前に読む本 (金沢ブックス)』

出版サポート本のご紹介
サキコ
サキコ

こんにちは!

シンプルだからできることをモットーに
日々楽しく生活する方法を実践しているサキコです(^O^)


いつか出版してみたいとお考えのあなた!
Kindle本なら、だれでも無料で出版の夢がかないますよ!


<この記事を読むと>

わたしは5冊の本を出版することができました。

書籍の紹介


過去のブログの記事をまとめたり、さまざまな体験を本としてまとめて出版しました。やりかたもネットの情報をみながら試行錯誤し、できるようになりました。


そのかいあって、知人や友人からKindle出版の仕方について聞かれることがあり、その方の出版をサポートする機会が増えました。

みなさん、はじめ、”自分にはできない”と感じていらっしゃいますが、本当に誰でも無料で出版ができる時代です。

キンドル出版に関するブログはこちら⇒Kindle出版をめざす人は必見!誰でも簡単に無料で出版できる方法とは

今回は、そんな出版サポートした本のご紹介をさせていただきます!

『地元っ子が教える 金沢観光に行く前に読む本 (金沢ブックス)』

ご縁があって、著書のはるさんに出会いKindle本を出版したいお話を聞きました!はるさんはTwitterで地元金沢のグルメやおすすめスポットなどの情報を発信しています。

はるさんの

Twitter https://twitter.com/haru08318

note   https://note.com/haru08318/

そんな、はるさんですが、Kindle出版にあたり初めはいろいろと悩んでいらっしゃいました。そこでまず、何をお伝えしたかをご紹介しますね。

まずは「書きたいことを書き出すこと」からはじめる

はるさんの場合は、地元、金沢情報に関する本を書きたいということは決まっていましたが、これをどうやって本にまとめるか?悩んでいました。

そのため、とりあえず紙でもデータでもいいので、書き出すことをお伝えし、徐々にアイディアをアウトプットするようにしました。

また、Kindle本は2万字を目安に書くといいといわれますが、「そんなにたくさん書けない」とおっしゃっていました。

しかし、はるさんの本の場合は、写真やお店の情報などが追加されると仮に2万字なくてもページ数にボリュームがでることをお伝えし、心理的なハードルを下げるようにしました。

サキコ
サキコ

たとえ時間がかかっても、ほんの数行でも進めたらOKです!!

はるさんは、くじけずに文章に書き進めました!

みなさんも、文字数が足りない、書けないと思われるかもしれませんが、案外書き出してみるとあれもこれも書きたくなります。むしろ書きたいことがたくさんありすぎて、頭の中がごちゃごちゃすることもあります。

そんなときも、気にせずどんどん買いだすことで大きな枠組みができあがりますし、内容をみて、これは書きたくないなど、わかってきます。

初めのうちは、文字数にとらわれることなく、とにかく書き出すことから初めてくださいね。

文章を書くことに慣れていなくても、書かなければ慣れません。あきらめずに進めてください。必ず力はつきますよ!

では、最後にまとめます。

まとめ

  • Kindle本を出版するときの文字数は気にせず、とにかく書きたいことを書き出してみる!
  • 紙でもGoogleドキュメントでもOK。
  • Googleドキュメントの場合は、音声入力の機能を使ってとにかく話しまくるだけでもOK
  • 文字にして、書き出すからこそ頭の中が整理される


いかがでしたでしょうか??

わたしの場合はいつもGoogleドキュメントに書き出して、徐々に作り上げています。

いきなり完璧を目指さず、気楽な気持ちで自分の考えを書き出し、まとめてみてくださいね!!


あなたのKindle本出版の参考になれば幸いです。






楽天ルームをやっています!わたしが購入したものや、気になるものを紹介しています!

よければ、のぞいてみてください(^O^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました