3冊目のキンドル本『家事奴隷から解放された令和主婦』を出版しました

暮らし
サキコ
サキコ

こんにちは!

シンプルだからできることをモットーに
日々楽しく生活する方法を実践しているサキコです(^O^)

3冊目のKindle本出版についてご紹介します!!

家事奴隷?!って何?自分ももしかしたら家事に縛られているかも?とお考えの方に、ぜひ読んでほしいです。


『家事奴隷から解放された令和主婦 :~主婦による主婦のためのシンプルライフ宣言』
著者 ヒュー




わたしは専業主婦になり、時間とお金の制約を感じることが多くなりましたが、シンプルライフを貫き始めたら、これらの制約をコントロールしやすくなりました。

自分がやりたいことをいかに実現するか?このままで良いのだろうか?
その過程で模索し試し続けて生まれた体験を紹介したく、この本を書きました。

前著の「時を貯めるシンプルライフ~当たり前を手放して豊かさと楽しさを極める~」にも書かせていただきましたが、
わたしは、自分で決めて主婦にはなったけれど家事は嫌い。子供たちと一緒にいたいけれど、細かいことや、面倒くさいことは本当に苦痛に感じています。

このようにわたしと同様に女性の多くが家事に従事し、苦手と感じている方も多いのではないでしょうか。

夫が外で働き、妻が家を支える時代は終わっているにも関わらず、女性の家事時間は20年前よりも増えているそうです。

ましてや専業主婦の家庭であれば、家事は全て妻の仕事となり、夫に協力が得られません。
以前、北欧に暮らす元塾生のSunchanさんのお話を聞く機会があり、日本との違いに愕然としました。家事や育児は男女関係なく行うのがごく普通の習慣だそうです。
もちろん女性が働き続けるのが前提ではありますが、日本のように家事は女性の仕事という考えは少ないようです。

このような状況をふまえ、したくない家事、嫌いな家事を認めて、家族に公表し、家電や外注、サービス、家族に頼る罪悪感を手放し、みんなの家をみんなで守るスタイルにしましょう、とお伝えしたいです。この本では、まず自分と家族で家事をラクに行う方法をご紹介したいと思います。
家庭に押し込まれて、一人で耐え、重労働に従事している孤独な女性の気持ちを軽くしたいという思いで本を書きました。

第一章ではわたしの主婦スタートのお話を、
第二章は炊事編として具体的に負担を軽くするわが家の工夫をご紹介しています。
第三章はお金の管理と増やし方について、
第四章は孤独な主婦からの起業について

ご紹介しています。
ぜひ読んでいただき、日々、家事や育児に追われている主婦のみなさまの参考になれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました