電気圧力鍋で簡単&便利で時短が可能!ガス火の暑さから解放!

暮らし

サキコ
サキコ

こんにちは!

シンプルだからできることをモットーに
日々楽しく生活する方法を実践しているサキコです(^O^)

ゆるミニマムな暮らしを取り入れて4年。今、わが家で大活躍している電気圧力鍋をご紹介します

電気圧力鍋と聞くと・・・

  • 電気圧力鍋って高くない?
  • 電気圧力鍋って使ったことがないから心配
  • キッチンが狭く置く場所もないしコンセントも遠い
  • こったおかずを作るわけでもないし
  • 電気圧力鍋って蒸気が出て怖くない?
  • 時短っていうけど、どのくらい早くできるの?
  • 電気代が高いんじゃないの
  • ガスの圧力鍋とどう違うの?

と疑問に思われる方も多いでしょう。


これを読むと電気圧力鍋の使い方や時間お金(電気代とガス代)の節約方法がわかります!ゆるミニマムなわたしがあえて買い足したくらいの商品です!


サキコ
サキコ

以前は、炊飯器を手放し土鍋で調理していましたが、これば便利!ということで二つあった土鍋のうち、一つを手放しましたよ!

  • 電気圧力鍋を使ったことがない方、
  • これから電気圧力鍋を使ってみたいと思っている方
  • 暑い夏に調理の時汗だくで調理して疲れている方にぜひ読んでほしいです。
  • 加えて子育てに忙しいお母さんや、
  • 仕事をしていて忙しくてご飯作りの時間がない方(もちろん男性も)
  • ガスコンロで火を使いづらい年寄りの方にも読んでいただきたいです。

どうぞ最後までよろしくお願いします。ではさっそく時短で作れる電気圧力鍋でつくるものをご紹介しましょう!

ゆるミニマムな生活にピッタリの電気圧力鍋

ご飯を作る時に大活躍の電気圧力鍋です!

わたしは炊飯器を持っていませんが、電気圧力鍋を持っています!

サキコ
サキコ

電気圧力鍋があればご飯も炊けるし、美味しいおかずも時短で簡単に作れます~

わたしが購入したのは、「エムケー精工 mk seiko 電気圧力鍋 ヘルシーマルチポット ブラック ea-130k」

といもので、お値段も送料込みで1万円以下という格安商品です!実際、調理家電を使いこなせるわからなかったため、予算と使用用途を決めて購入しました。

ご飯を作る時の実際の流れをご説明しますと・・・

  1. まず、玄米を食べているので玄米を炊いています
  2. 煮物の加圧は2、3分です(圧をかける時間と抜く時間が各数分かかります)
  3. 次に汁物も昆布やいりこを一緒に入れて2、3分です
  4. メインはその時々によって違いますが、煮たり、加熱で焼いたり 、蒸したり、揚げ物もコツをつかめば大丈夫!(逆に時間が測れるので蓋をして揚げ焼きにしたりもできます。)

あとは次に子供の離乳食のおかゆを作ったり、野菜を柔らかくしたり、スープを作ったりします。


基本的に鍋に食材を入れてそのまま加圧調理のボタンを押すだけ!味付けは食材と一緒に入れればよく、後から味をつけたい場合は出来上がって蓋を開けてから加熱調理で温めつつ調味料をいれればOKです!

加圧調理用の蓋です↓

では続いて電気圧力鍋のメリットをお話しましょう~

電気圧力鍋はメリットがいっぱい!

ガスの用に火加減が必要ないので、ずっとそばについてみていなくてもいい、鍋の温度のむらがないので早いので本当に助かります。

わたしは電気圧力鍋を使い始めて調理の時間が大幅に減りました!加えてガス代が安くなりました


調理中もつきっきりでいることがなくなり、子供に呼ばれたり、他のこともできるし、家事もできるし、忘れても音で知らせてくれるので助かります。

時間のかかるまめ料理、煮物、玄米、離乳食のおかゆなどは加圧調理(圧をかけて時短で作る機能)で手早くできるし、炒め物、蒸し料理は加熱調理(普通に加熱するだけの機能)で食材の加減を見ながら作っています。

揚げ物のできなくないので、料理のほとんどをまかなうことができ、かつ、時短で、煮物も煮崩れしにくい、魚の煮つけも身がきれいでおいしいです!

サキコ
サキコ

子供たちの大好きな大根もいったん加圧で柔らかくしたあと、赤ちゃん用に味付けなしのもの、大人は加熱調理で味をしっかりつけてと分けて調理もしています。


写真のように調理メニューから選んでボタンを押すだけです

後は おまかせをすることができるので、その時間はあのことをすることができるし、もちろん吹きこぼれたりすることもありません。

最後圧を抜く時に、シューという音がすることすることもありますが、そのまま放置で時間を置いてあずを抜くことのできるので、蒸気が出て怖いということはさほどありません。

サキコ
サキコ

それぞれメニューのボタンを押してほったらかしていいのでとっても楽です。夕食の準備は30分で完了!

ガス火の調理との違いは何!?

ガスを使う圧力鍋はご存知の方も多いと思いますが、火の調整が面倒くさかったり、シュッシュッシュッシュっていう音がちょっと怖いという方も多いのではないでしょうか?

この電気圧力鍋というのは、あくまで電気を使っているので火加減の調整は必要ありません。しかも暑い時期だと、ガスの火の熱さに耐えることもありません。

我が家はとっても台所が暑いので電気圧力鍋を使い始めてからその暑さに耐えるということがなくなり、精神的にも体力的にもとても楽になりました

あと、ガスコンロの掃除や、ガスの換気扇がほとんど汚れなくなったので掃除が楽になりました!これは案外うれしいことです。

油でギトギトを何度もふいたり、換気扇のフィルターの交換も高いところで怖いし、うまくつけれない(マグネットで止めるのですがフィルターの紙がまっすぐにおさえれない、など)イライラもへりました

そもそも、ガスコンロや換気扇を使うと電気代がかかっているんですよね。電気圧力鍋を使い始めて、ガス代がなんと今までなかった3000円台になりましたよ。

サキコ
サキコ

あと、換気扇の音も不快だったことに気付きました。今はお茶をわかすくらいしかガスは使っていません。

では最後に電気圧力鍋についてまとめましょう!

まとめ

電気圧力鍋を活用!簡単便利で時短が可能です、についてのまとめ

  1. 電気圧力鍋はメリットがいっぱい!メニューに合わせてボタンを押すだけ!ガスだと時間のかかる玄米は30分、豆は加圧5分後蒸らすだけ。離乳食やおかゆも簡単!
  2. ガス火の調理と比較すると時短だけでなく、ガス代の節約、暑い時に火のそばにいなくていいので夏は特に助かります!


日本ではかまどの文化が古くからあるので、火を使ったりフライパンや鍋を使うことが当たり前になっていますが、 火を使う料理は温度調整が難しく、その割には美味しくならないことが多かったです。

それならば温度調整も機械がしてくれ、かつ美味しくなる料理を食べるのはあなどれません!美味しい~!って家族(と自分)が喜んで食べる姿をみて、よかったです!

サキコ
サキコ

手間と時間をかけても、おかずを残された時のショックといったら・・・!

一日3回、食事の用意をするというのはとってもしんどいことですよね。この記事を読んで電気圧力鍋を生活に取り入れていただき、少しでも負担が減るお手伝いになれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました