片付けたいならAudible を聴きながら作業するのがおすすめ!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!「1分でわかるお片付け講座」でお片付けの楽しさを伝えるシンプリスト ヒューです(^O^)/

今日も読んでくださって、ありがとうございます。



物が捨てられない!

頂きものは使わないけど、捨てられない!

そんな方に読んでほしい内容です。





私が考えるものとの関係性ものとの距離というのは、物を通じた「人と人との関係性」だと感じています。


でもそこにあるのは物が中心ではなく、あくまで「人」が中心です。


よくプレゼントを贈るなど、物を通して自分の想いを伝えるのはそのためです。このように想いを伝えることができる半面、その想いを感じて物を捨てられないこともあるでしょう。



物が捨てられないのは、やはりその人との人間関係がなくなる、その物を通してであった体験や経験がなくなる、という恐怖や不安を感じている証です。でも捨てたからといって、関係性がなくなることはありません。


でも相手に失礼になるかと思ってなかなか捨てることにも躊躇しますよね。


しかし冷静に考えてみると、物を受け取った時点で相手の想いはきちんと受け取っているのです。物というのはその想いの付録のようなものなので、大事なことは相手の想いを受け取るということだと考えています。

だからそれだけでもう十分なんじゃない?って思います。

そんな時、自分自身も身体という物体を持ち、維持をしていますが、永遠に身体を持ち続けることはできないことに気づくこです。ちょっと極端な言い方かもしれませんが、私達だって永遠に生きているわけじゃないので、いらないもので囲まれた生活をしたいかと言うと本当はそうじゃないと思います。




しかし、身体はいつかなくなっても、想いというのは永遠に残ります。


なぜなら、今、自分が存在しているのは過去に自分の両親先祖が相手を想い、命をつなげる想いがあったからこそですよね。

だから、自分がいなくなっても、想いは次の世代に残るものです。ちょっとお盆ぽい話になりましたが(笑)



物を持っていてもいいんですけれども、それに縛られるなら離れた方がいいです。


そんなお話にぴったりな本を紹介します!今、一緒にKindle本を執筆しているひろべーさんにご紹介いただきました。



私は Audible でこの本を聴きながらプチ断捨離したら、作業が進む進む・・・・(笑)

あっという間に時間が過ぎました。



姑の遺品整理は、迷惑です (双葉文庫)


Audible で片付け本を聴きながら片付けをすると、作業が進みます~!!

\ お問い合わせはこちらからどうぞ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる